読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外壁塗装悪徳業者に騙されない!全国対応の無料一括見積りサービス

「外壁塗装ほど手抜きしやすい工事はない」と言われています。 塗装業界に多い悪徳業者に騙されずに、自分にあった業者を見つける3ステップをお伝えします。

塗装業者を選ぶ前に「これだけは知っておきたい!」

我が家は、もうじき「外壁塗装」を行う予定です。

ですが、塗装業界のことはわからないので、
的確な判断ができません。

以前に、庭のリフォームで大失敗しました。
悪徳業者だったようで、
250万円もの勉強代を払ったことになります。

なので、今度は失敗しないようにと
事前に調べてみたところ、
いろいろなことがわかりました。

その内容をここでシェアしたいと思います。

もしあなたが「外壁塗装」を予定しているなら、
是非、最後までお読み下さい。

必ずや外壁塗装業者を選ぶ前に
「これだけは知っておきたい!」という
有益な情報が得られるはずです。

 

f:id:kibou20251:20160712230225j:plain


実は、
「外壁塗装工事ほど手抜きをしやすい工事はない」
と言われています。

それほど塗装業界には悪徳業者が多いので、
本当に良い業者を選ぶのは非常に難しいのです。

 

では、私がまとめた悪徳業者に騙されずに

自分にあった業者を選ぶための3ステップをお伝えします。


【ステップ1】無料一括査定で「相場]を知る

特に外壁塗装などは定価がなく
相場がわかりにくいことや
塗ってしまえば手抜きがわからないため、
費用を高く取って手抜きする悪徳業者が多い!

また、価格は相場内でも、
手抜き工事をする業者もいるので要注意です。

なので、複数社の見積もりを取ることで、
おおよその相場を把握しましょう。

(悪徳業者の手法と注意点は別記事参照)

見積もりに必要な項目はだいたいこんな内容です。

・一戸建てかマンションか

・持ち家か賃貸か

・築年数

・予算

・外壁塗装に関する希望

・見積もりのための現地調査の希望日

その他


【ステップ2】工事内容を確認する

きちんとした業者でも
外壁地層の提案や費用はバラバラです。

外壁塗装の金額に差がでるのは、
利用する塗装の質の違いが大きな理由です。

塗装の耐用年数は以下のとおりです。

アクリル樹脂塗料     5~8年
ウレタン樹脂塗料     8~10年
シリコン樹脂塗料     10~15年
フッ素樹脂塗料             15~20年

主に使われているのは、シリコン樹脂塗装です。

複数社を比較することで、
どのような施工がニーズにあっているかを比較して、
ぴったりの会社を見つけるために、
次のことを確認しましょう。

・2次受け、3次受けではなく、
 業者が雇っている職人が直接作業するのか?

・保証期間はどれくらいか?

・外壁塗装工事見積項目の確認

足場費

養生 飛散防止ネット、マスキングテープなど

ケレン 高圧洗浄、ヒビや元々塗られている塗料の除去など

シーリング 外壁のひび割れや剥がれの処理、目地補修など

外壁塗装 下塗り+中塗り+上塗り(どの塗料を使うか)

木部・鉄部塗装

雨どい塗装

波風塗装

雨戸塗装

諸経費の内訳



【ステップ3】比較検討してから業者を選ぶ

安ければいいというものではないので、
しっかりと施工内容と価格を比較検討して、
丁寧な説明をしてくれる業者を選びましょう。

 

以上、3ステップをお伝えしましたが、

これって大変だと思いませんか?!

 

言葉巧みな悪徳業者を見ぬいて断り、

数社から相見積もりをとるといっても

どこからとったらいいのかわかりませんし、

それぞれが契約を急がせますので、

落ち着いて比較検討するのは難しいと思います。

 

そこで、無料一括査定ができる全国対応の
サービスはないかと探してみたところ、
「リショップナビ」を見つけました。

こんな特徴があります。

1)厳格な業者の加盟審査を実施!

2)全国1000社からぴったりの条件で業者を選べる

3)見積り比較で最大40%OFFも!?

4)安心リフォーム保証制度で、もしものときも安心

5)カスタマーサポートあり

これで、ハードルはグンと下げられますね。

 

実際に我が家がリショップナビを利用して、
手抜き工事などをする悪徳業者に騙されずに、
自分にあった塗装業者を選び、

工事が始まったら、
ケレンや3度塗りをしているかなど
作業工程を教えてもらうか、
自分でチェックしようと思います。

外壁塗装を終えたら、
またご報告させていただきますね。
  ↓  ↓  ↓

>>【リショップナビ】で外壁塗装無料一括見積もりをとる<<